読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人の弱さ 時の強さ

この時期になると聴きたくなる曲があります。

globe の like a snowy kiss です。

この曲は、1998年12月に発売された

globeのアルバムのRelation の7曲目に収録されています。

同じく収録されているシングル曲としては

wanna Be A Dreamer

Sa Yo Na Ra

sweet heart

Perfume of love

があります。

もう18年くらい前になります。

懐かしいの一言につきますが、

当時から私はこのこの like a snowy kiss がお気に入りでした。

 

この曲の歌詞の中に

"人の弱さ 時の強さに 震える胸をおさえて"

という部分があります。

人の "弱さ" と 時の "強さ" という対比に感動をしたのを覚えています。

もちろん私もそうですが、人というのは弱さを持ち合わせています。

その反面、想像もできないような強さもあります。

 

挫折したり、キズついたり、人生の中ではどうしようもないこと

自分の力ではどうにもならないこと ありますよね。

そのような時に、自分の弱さを垣間見る瞬間があったりして

それにまたひどく落ち込んだり…

 

でも、どんなにひどく落ち込むことがあったとしても

程度の差はあるにせよ、時の経過とともに

その落ち込みが薄らいでいく(=乗り越える、受け入れる)時が

必ずきます。

それが"時の強さ"だと感じた時、KEIKOの表現の繊細さに

感動した記憶があります。

 

また、同じく歌詞の中に

”重なる苦しみは知らぬ間に 歴史という川に時間と

 涙で流れてゆくよ そまってゆくよ”

という部分があります。

つらく重なった悲しみも 時の経過とともに

知らぬ間に 涙とともに流れていく。

時間と涙を ”流れる”という表現でかけているところ。

ここにも、やられました。

 

自分にも重ね合わせる部分があり、KEIKOの表現力豊かな面に

惹かれました。

 

療養中のKEIKO また、素敵な歌声聞かせて欲しいです!